-->
本文へスキップ

東京ウォーキングクラブは、東京都内や東京近郊を月数回みんなで楽しくウォーキングしているクラブです。

TEL. 03-3981-1345

〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-39-2 大住ビル401   新日本スポーツ連盟東京都連盟内

東京ウォーキングクラブ Facebook                
◆最初に、目黒区の大鳥に参拝しました。
江戸三大不動の瀧泉寺(目黒不動尊)に参拝しました。まずは仁王門です。
仁王門の正面です。三間一戸の朱塗りの楼門で、赤い色が輝いていました。
大本堂です。境内は台地と平地の境目に位置し、仁王門などの建つ平地と、大本堂の建つ高台の2段に造成されています。
本堂への急な石段下の左方には独鈷の滝(とっこのたき)があります。独鈷とは密教で使われる法具
有名なウナギ屋さんに客が列をなしていました。
目黒不動尊をでた辻に林試の森公園への案内標識がありました。
林試の森公園へのエントランス道路。公園の案内板が立っている。両側は樹木でびっしり
林試の森の案内板です。林業試験場が東京都に払い下げられ、1989年(平成元年)6月1日に「都立林試の森公園」として開園。開園面積は120,762平米(約36,000坪)。
林試の森公園の仕組みが説明されていました。地下に大きな貯水の仕組みがあります。
林試の森公園ではボランティアのみなさんが庭園の手入れにいそしんでおられました。水やりが大変とのこと。
開園面積は120,762平米(約36,000坪) 大ひろばで一休み。猛暑なので給水と休憩をしながら慎重に。
円融寺の庭園風景
碑文谷公園の入り口です。
弁天池のある碑文谷 ボート遊びもできます。近くのベーカリーカフェで喫茶をしたいという要望が出ました。ゴールの学芸大学駅も近いのでここで解散にしました。

東京ウォーキングクラブは<スポーツは平和とともに>を合言葉に歩いています。

東京ウォーキングクラブ 直近の行事報告(月例会とオプション)

■2019年8月4日(日)オプション「都立林試の森公園とすずめのお宿緑地公園界隈を歩く」距離7㎞
  • 2019年8月4日(日)に参加者16名(他クラブ1名を含む)で、JR目黒駅西口を出発。今回のウォークでは、寺社と緑豊かな公園を散策しました。距離は約7㎞、気温34度の酷暑日でした。でも照り付ける太陽を公園群の緑陰と並木道が遮ってくれました。
    ▼最初は大鳥神社です。大同元年(806年)に社殿が完成しこの年を創建の年としており、これは目黒区最古です。
    ▼続いて目黒不動尊瀧泉寺に向かいました。江戸三大不動・江戸五色不動の一つ。江戸三十三箇所第33番札所。関東三十六不動第18番。「目黒」の地名はこの目黒不動に由来する、とする説もあります。青木昆陽の墓があることでも知られています。寺伝では、808年(大同3年)円仁が下野国から比叡山に赴く途中に不動明王を安置して創建したということです。境内は台地と平地の境目に位置しているので、高台にある大本堂へは急な石段を上ります。石段下の左方には独鈷の滝(とっこのたき)、前不動堂、勢至堂などがあり、右方には書院、地蔵堂、観音堂、阿弥陀堂などがありました。
    ▼途中、有名なウナギ屋さんの人だかりを見ながら、林試の森公園へと向かいました。東京都目黒区下目黒と品川区小山台にまたがり所在する都立公園。1900年(明治33年)6月に「目黒試験苗圃」が設置され、当時の広さは約45,000坪ありました。1905年(明治38年)に林野庁「林業試験所」、1910年(明治43年)に「林業試験場」と名称を変え、1978年(昭和53年)につくば市に移転(現・独立行政法人森林総合研究所)しました。跡地は東京都に払い下げられて公園として整備、1989年(平成元年)6月1日に「都立林試の森公園」として開園した。開園面積は120,762平米(約36,000坪)です。緑豊かな公園で、酷暑の夏でも心地よく歩けました。ただ樹木が密集しているところでは夏風の通りが少なかったです。この公園のボードには、「公園では一時的に水をためこみ、ゆっくりと地中にしみこませることで洪水の危険を減らす取り組みをしています」と書かれていました。その機能としては「落ち葉の層が雨水をスポンジのように吸収し、地下にある貯留ブロックが雨水を一時的に貯めこみ、徐々に地中に浸透させます」と書かれていました。
    清水公園で昼食を摂りました。昭和10年に東京都が、公園として開園し、以後昭和27年9月に目黒区により釣り堀池として整備されてから、都内には珍しい釣りのできる公園としてにぎわっていました。多くの釣り人が楽しんでいました。そのうちの一人の方に声をかけると「年金者組合のものだが、みなさんの歩く姿に関心をもっていました。自分たちもウォーキングをしたいと思っています」としばし対話が続きました。クラブのしおりがあればよかったなあと思いました。
    圓融寺、碑文谷八幡宮を経てスズメのお宿公園にたどりつきました。今からおよそ200年前、江戸時代安永年間に始まったという目黒の筍栽培は、大正中頃に最盛期となり、有数な竹林だったこの地では良質の筍が収穫されたと言われています。また昭和のはじめ頃、この竹林は付近一帯のスズメのねぐらになっていました。数千羽というスズメが朝どこへともなく飛び立ち、夕方には数百羽が一団となって帰り、空が薄暗くなるほどだったそうです。そのためこの場所は「スズメのお宿」と呼ばれるようになりました。
    今でも竹林やシイ・ケヤキの大木が残り、野鳥が多く生息しています。なお北側の一角に栗山家の母屋(目黒区指定有形文化財)が復元されています。母屋では管理人の方がいろいろと説明してくれました。
    ▼終わりは碑文谷公園(ひもんやこうえん)です。東急東横線学芸大駅の近くにあります。かつての荏原郡碑文谷郷、後の碑文谷村に由来する。 「碑文谷」の語源は、 ①通説になっているのは、碑文谷八幡宮内稲荷社に保存されている梵字を刻んだ「碑文石」のある谷(里)ないし秘文の谷(里)(「世田谷城名残常磐記」)が起源とするもの、➁鎌倉・室町期から檜の加工品「檜物(ひもの)」作りが盛んであったことに由来する。③円融寺にまつわる説など、諸説あるようです。弁天池があり弁天様が祀られていて、ボートで遊ぶことができます。ウォーキングはここで解散しました。ガード下のベーカリーカフェで「ストロベリーとシトラスの夏色フラッペ」で火照った体を癒したメンバーもいました。

東京ウォーキングクラブ近々の主要予定  (⇒年間計画はこちら)新着情報  


■2019年8月25日(日)
188回例会
当初24日(土)でしたが25日(日)に繰り延べました。
「御茶の水と神保町界隈を歩く・
ウォーク後クラブ定期総会」距離3㎞
集合:JR御茶ノ水駅
聖橋口 9時45分迄に(10時出発)
湯島聖堂、ニコライ堂、神保町古書店街、気象科学館、将門首塚などを巡り、東京メトロ丸ノ内線大手町駅から池袋に戻ります。お弁当不要。 
チラシはこちら


■2019年9月7日(土)■第189回例会
「片倉城跡公園から寺社や磯沼ミルクファームを巡る」距離6㎞

集合:京王線京王片倉駅改札口(一つ) 9時45分迄に(10時出発)
片倉城跡公園、住吉神社、松門寺、斟珠寺、長慶寺、大林寺、磯沼ミルクファーム、雲龍寺と寺社群を歩きます。磯沼ミルクファームではコーヒーやココアの殻入り肥料を与えているため、牧場内はコーヒーの香りが漂っています。デザイナーズヨーグルトなどの乳製品の売店もあります。
▼コースの詳細は後日掲載します。


■2019年9月15日(日)オプション
「岡上から奈良地区への町田フットパスを歩く」距離7㎞

集合:小田急小田原線 鶴川駅 北口改札口 9時45分迄に(10時出発)
町田市から川崎市、横浜市と3市をまたぎながら歩く起伏に富んだコース。農地や緑地を眺めながら自然を感じながら歩けます。岡上の営農団地の景色は素晴らしい。柿畑が多く9月中旬頃は柿の実が緑色に実っているでしょう。奈良地区センター前からバスで鶴川駅にもどります
▼コースの詳細は後日掲載しま
す。

■2019年9月24日(火)オプション
「京浜運河沿い大井ふ頭中央海浜公園や自然観察路を巡る」
距離6㎞
集合:東京モノレール 流通センター駅改札口 9時45分迄に(10時出発)
大和大橋で京浜運河を渡ると、大井ふ頭中央海浜公園にでます。人工海浜が1㎞も続く水と緑とスポーツ広場を歩みます。自然観察園を通り勝島橋で京浜運河を再び渡り「花とひろばと水と緑の公園・しながわ区民公園」でくつろぎ、
しながわ水族館を通り大森海岸駅でゴール。
▼コースの詳細は後日掲載します。


■2019年9月28日(土)オプション
「平山城址と柚木城址の歴史と長沼公園の自然を訪ねて」距離7㎞

集合:京王線平山城址公園駅改札口(一つ) 9時45分迄に(10時出発)
源氏方の侍大将・平山季重の見張所があったことから平山城址公園と名がつけられ、自然散策に最適な公園。南東斜面にあり陽当たりがよく、雑木林を抜ける散策路はクヌギやコナラが中心で9月下旬は黄葉が見られます。柚木城は山内上杉氏の重臣大石定久の居城。現在は、山門の立派な永林寺の境内に城址碑があります。長沼公園は1980年に開園、野猿尾根道から幾筋もの沢が流れています。京王線長沼駅でゴール
▼コースの詳細は後日掲載します。


■2019年10月5日(土)■第190回例会
「柿生の峰を巡る散歩道」

集合:小田急線はるひ野駅 9時45分迄に(10時出発)
▼コースの詳細は後日掲載します。


■2019年10月13日(日)オプション
「多摩川水辺散歩・登戸~稲田堤」距離7㎞

集合:小田急・登戸駅中央改札 9時45分迄に(10時出発)
小田急・登戸駅➡多摩水道橋➡二ケ領上川原関➡稲田公園➡京王稲田堤駅
▼見どころ:多摩川を川崎市側から東京を俯瞰(狛江市付近)しながら散策します
(多摩川サイクリングロード)
★チラシはこちら


■2019年10月20日(日)オプション
「朝霞の散策路 膝織・溝沼コース」距離8㎞

集合:東武東上線・朝霞駅南口 改札 9時45分迄に(10時出発)
朝霞駅南口➡広沢の池➡朝霞中央公園➡一乗院➡子之神氷川神社➡黒目川河畔➡一乗院閻魔堂➡醤油資料館➡滝の根公園➡青葉台公園➡ケヤキ並木➡朝霞駅南口 解散
▼見どころ:◎湧水の豊富な公園・蛍のいる公園もあるよ ◎一乗院の板碑
◎醤油資料館 ◎特徴ある道路 ◎公園には長い滑り台や吊り橋もあります。

★チラシはこちら


■2019年10月27日(日)東京都連盟行事
「ゆりかもめリレーマラソン」
会場:東京臨海広域防災公園 
詳細はチラシを参

■2019年11月3日(祝)■第191回例会
「中原街道を行く」

集合:地下鉄銀座線虎ノ門駅 9時45分迄に(10時出発)
コース
:地下鉄銀座線虎ノ門駅 ~金刀比羅宮~愛宕神社~西久保八幡神社~亀塚稲荷神社~元和キリシタン遺跡~済海寺~亀塚~御田八幡神社~寺町~旧細川邸のシイ~覚林寺(清正公)~都営浅草線 高輪台駅
▼見どころ:江戸時代、虎ノ門と平塚中原(現在の神奈川県平塚市御殿)を結ぶ中原街道がありました。徳川家康が東海道を整備し直してからは、脇往還として庶民や承認が利用し賑わいました。赤穂浪士も江戸入りに使ったという当時の面影を求めて歩いてみましょう。
▼チラシはこちら。


■2019年11月16日(土)集中ウォーク
集合場所 
日本橋 2 時 30 分までに集合

■2019年11月23日(・祝)オプション
「箱根 石畳・旧街道を歩こう
(畑宿石畳の道から芦ノ湖へ)」距離10㎞

集合:小田急線・箱根湯本駅 改札口 9時50分迄に 出発10時10分 バスで
箱根湯本駅➡バス(¥390)➡畑宿(ここから歩く)➡甘酒茶屋➡箱根神社➡杉並木➡恩賜箱根公園➡箱根関所(眺めるだけ)➡箱根町バス停(終点)
帰路は、箱根湯本から、小田原駅迄
バス利用予定 ¥1,180 80分
◎昼食は甘酒茶屋を予定 ◎石の道です・手袋持参ください。◎飲料水・昼食は必ずご用意ください (複数回実績があるため実踏下見は省略しました。)

★チラシはこちら

■2019年12月7日(土)第192回例会
「妖精の散歩道 アニメ噂の場所を歩く」
集合:JR東小金井駅 9時45分迄に(10時出発)
▼コースの詳細は後日掲載します。

■2019年12月21日(土)オプション
「トレンドタウンを歩く
月島 もんじゃで 忘年会
集合:銀座線京橋駅 9時45分迄に(10時出発)
▼コースの詳細は後日掲載します。


このページの先頭へ

バナースペース

◆一般の方の参加申込と問合せ

参加のご希望や、お問い合わせは、 ご氏名、ご住所、携帯番号をご記入の上、メール<walk@t-njsf.net> またはファックス(03-3981-8315)で ご連絡を。
または、左記の[参加申込・問合]→[◆参加申し込みと◆お問い合わせフォーム]に、 所定の内容をご記入の上、送信ボタンをクリック。
資料等の準備の都合がありますので、参加申し込みは、 前日の15時までに お願い致します。
皆様のご参加をお待ちしています!

東京ウォーキングクラブ

〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-39-2
大住ビル401 
新日本スポーツ連盟東京都連盟内

TEL 03-3981-1345
FAX 03-3981-8315


スマートフォン版

東京ウォーキングクラブ

東京ウォーキングクラブ

東京ウォーキングクラブ

東京ウォーキングクラブ

東京ウォーキングクラブ

東京ウォーキングクラブ

東京ウォーキングクラブ

スマートフォン版

スマートフォン版

スマートフォン版

スマートフォン版